北九州市立大学後援会

お問い合わせ

北九州市立大学後援会は、学生の課外活動、求職活動、その他の活動に対する支援を行い、これらを通じ大学のさらなる発展に寄与することを目的としています。

挨拶

ご挨拶

変化に対応し、価値を創造しよう
~未来に向かって~~

後援会会員の皆様には、会の運営にご理解とご協力をいただき、厚くお礼申し上げます。
今年も、市内のみならず全国各地から1,500人近くの入学生を迎え、6,500人を超える学生達が、将来に向けて充実した学生生活とするため、切磋琢磨しています。 この3月には多くの学生達が、大学で得た知識や経験をもとに様々な分野での活躍を目指し、社会へと羽ばたいていきましたが、就職率が昨年に続き3年連続で過去最高を更新し、98.8%という高い就職率を記録しました。インターンシップ事業等の求職活動への支援に取り組んできた後援会としても、この結果に心から喜んでいます。 昨年は、大学にとって創立70周年という記念すべき年となり、昨年4月にオープンした新図書館はこれまでの倍近い教職員や学生、市民の方々が利用されるとともに、新たな機能であるアクティブ・ラーニングの場として授業にも活用されています。 また、今年4月にはバイオマテリアル分野やエネルギーマネジメント分野を柱とした研究開発拠点として、環境技術研究所の新たな研究施設「IEST Lab.」が誕生しました。 教職員や学生の皆さんには、創立70周年記念事業によって充実された教育や研究活動の環境を存分に活用し、その成果を大いに発揮していただきたいと望んでいます。 今年度は大学の第三期中期計画がスタートしていますが、少子高齢化に伴う厳しい大学間競争の中において、しっかりとプレゼンスを高め、地域に根差した選ばれる大学へと成長していくことを、大いに期待しています。  後援会としては、競争力の高い大学として発展していくとともに、本学で学ぶ学生達が地域や社会に貢献し、リーダーとして活躍できる人材へと成長できるよう、サポートしていきたいと考えており、引き続き後援会会員の皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

北九州市立大学後援会 会長 佐 藤 政 治

ページのトップへ戻る